ガールスカウト東京都第28団に子供を入団させているお父さん・お母さんにアンケートをとりました!
アンケート結果を一部ご紹介します。

リーダー

入団の決め手はなんですか?

入団の決め手はなんですか?

親では体験させられないことをたくさんやらせてあげられそうと思ったため

見学時の元気いっぱいなリーダーとスカウトを見たこと

一人っ子なので、上下関係のある中で育ってほしいと思ったから

見学した際、本人が活動したいと言ったから

保護者の方の思いだけでなく、お子さん本人の「やりたい!」が一番だと思います。
楽しさがお子さん・保護者の方に伝わっていたのは嬉しいです。

ガールスカウトに入って、変わったことはなんですか?

自分のことは自分でするようになった

募金など、社会に目を向ける良い機会になっている

お手伝いをしてくれるようになった

少しずつ自信がついてきた

受験でガールスカウトが評価された

年間を通して自主性や社会性が少しずつ育っていくと思いますが、特に夏休み5日間のキャンプでの成長が著しいようで、「キャンプから返ってきたら顔つきが変わっていた」という声も聞きます。
小学生の頃はまだそれほどの実感がなくても、高校生くらいまで続けると「ガールスカウトをやっていてよかった」と思う瞬間があるそうです。
受験ではガールスカウト活動と部活動の両立を評価された、という声もありました。

入団させて良かったと思うことは?

入団させてよかったと思うことはなんですか?

野外活動など、学校では学べない様々なことが学べる

年齢や学校が違う子と友達になれた

自分のことを少しは自分でやるようになった!

休日を有意義に過ごせること

上下関係のふれあいがあること

通常中学生から部活動などで出てくる「上下関係」を、部門別の活動を行うことによって、小学生から体験できることがよかったと挙げられています。
お姉ちゃんやお兄ちゃんがいない子は上級生に教わりながら活動することを喜んでいたり、妹や弟がいない子は下級生の手助けをすることを嬉しそうに誇らしそうにしている姿が活動内でも見られます。

入団の決め手は何ですか?

・みんなが元気いっぱいで楽しそうだったから
・友達に誘われて
・親では体験させられないことをいっぱいやらせてあげられると思ったので
・見学時の元気いっぱいのリーダーとスカウトを見て
・幼稚園で配られたチラシを見て
・一人っ子なので、上下関係のある中で育って欲しいと思ったから
・親から離れて活動する機会を与えたかったから
・シンキングデー、おもちつきにを見学した際に、本人が活動したいと言ったから
・人数がたくさんいたから
・リーダーが優しかった
・野外活動が多かった

最初のきっかけは様々ですが、「楽しそうだったから」が決め手になっていることが多い気がします。うれしい!

ガールスカウトに入って変わったことは何ですか?

・視野が広がった
・親以外の大人に対する言葉遣いが良くなった
・お手伝いをよくしてくれるようになった
・これからの成長に期待
・制服を着て出かけるときにはりきっている
・募金など社会に目を向けるよい機会になった
・少しずつ自信がついてきた
・お泊まりができるようになった!
・やさしい子になっている
・自分のことは自分でやるようになった
・自主性が出てきた
・受験でガールスカウト活動が評価された

年間を通して自主性や社会性が少しずつ育っていくと思いますが、特に夏休み5日間のキャンプでの成長が著しいようで、「キャンプから返ってきたら顔つきが変わっていた」という声も聞きます。
小学生の頃はまだそれほどの実感がなくても、高校生くらいまで続けると「ガールスカウトをやっていてよかった」と思う瞬間があるそうです。
受験ではガールスカウト活動と部活動の両立を評価された、という声もありました。

入団させてよかったと思うことは?

・色々な年齢の友達と色々な経験ができること
・少しは自分のことは自分でやるようになった
・様々な体験ができる
・休日を有意義に過ごせる
・学校で学べない野外活動ができる
・上下関係のふれあいがある
・年齢や学校の違う子供と友達になれる
・集団行動が身に付く
・ガールスカウトとしての経験をつむことができる

通常中学生から部活動などで出てくる「上下関係」を、部門別の活動を行うことによって、小学生から体験できることが、よかったと挙げられています。
お姉ちゃんやお兄ちゃんがいない子は上級生に教わりながら活動することを喜んでいたり、妹や弟がいない子は下級生の手助けをすることを嬉しそうに誇らしそうにしている姿が活動内でも見られます。

ご協力ありがとうございました!